震災の修繕工事が一つ完了

今日これから仙台へ向かいます。
東日本大震災の被害で躯体(お店の建物)が傾いてしまったため、修復工事をしていたカフェレストランが、明日ようやく引き渡しの日を迎えます。
震災直後から現地の取引業者の皆さんが電力不足、物資不足、交通難に負けずに頑張ってくださったおかげで無事に完了することができそうです。
お店では震災直後の物資も届かずガスや電気も不自由な時から、提供できるものだけでも、とお店の営業をしてこられました。
普段の入荷量には全然足りないコーヒーしか商品がなく、それも売り切れるまでの営業ということもあったそうです。
今後も地域に明るさと元気を伝えるお店として親しまれ、愛され続けることを心から願っております。